ジャイアンツカップ優勝経験者の現在地を追っていくと、OB選手の凄さが分かる。今回は2010年の枚方ボーイズの主力選手のその後を紹介したい。

投手 葛川 知哉大阪桐蔭-青山学院大-トヨタ自動車)
投手 釘宮 光希日大三-立正大-日本通運)
捕手 山岸 大起(天理-同志社大-JR西日本)
内野手 水谷 友生也大阪桐蔭-法政大-明治安田生命)
内野手 佐々木 優日大三-立命館大-ミキハウス)
内野手 平山 拓磨鳥取城北-同志社大ーJFE東日本)

 1チームから社会人6人も継続している選手がいるのは驚異的だ。当時から枚方ボーイズのレベルの高さ、指導力の高さは知れ渡っていたが、こうして社会人でも継続している選手が多いのはある意味、凄いことだ。

 葛川は右サイドから140キロ前後の速球を投げる投手として大阪桐蔭のエースとして活躍。現在はトヨタ自動車の主力投手として、チームに貢献をしている。

 釘宮も日大三時代は投げては140キロ台、打者としても本塁打量産、守備では身体能力の高いプレーを見せ、甲子園に出場。日本通運でも主力投手へ成長し、チームに欠かせない存在となっている。

 また水谷は歴代の大阪桐蔭でもトップクラスの守備力を誇るショートストップとして活躍し、法政大、明治安田生命と名門チームでプレーをしている。

 平山は鳥取城北時代に甲子園出場を経験。更に同志社大でもベストナイン受賞。社会人に進んでも堅守の遊撃手として活躍するなど長く活躍を見せている。

 山岸は高校、大学、社会人と競争が激しい捕手のポジションを勝ち取り、長く活躍を見せている。同志社大時代は主将として、大所帯の野球部をまとめた。

 佐々木は日大三の4番として活躍。立命館大、ミキハウスでも自慢の長打力を発揮している。

 これからも社会人野球で長く活躍し続けることを期待したい。