【トーナメント表】春季九州地区大会の勝ち上がり

 4月28日、春季九州大会準決勝が開催される。

 第1試合の興南vs九州国際大付興南の左のエース・山城 京平はかなり状態を上げており、大きく評価を上げている。また、九州国際大付は中2日で背番号10のエース・山本 大揮の登板の可能性が高そうだ。打線のレベルも高いが、ロースコアの熱戦が期待される。

 第2試合は福岡大大濠vs具志川商と、センバツに続いて対決することが決まった。センバツでは延長戦に及ぶ熱闘になっただけに、この試合でも終盤まで熱い試合展開が期待できそうだ。福岡大大濠のエース・毛利 海大具志川商のエース・新川 俊介の熱投を期待したい。

◇4月28日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
準決勝 九州国際大付    2  -  1    興南 別大興産スタジアム(新大分球場)
具志川商    8  -  0    福岡大大濠 別大興産スタジアム(新大分球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
第148回 九州地区高等学校野球大会