開幕から3週間以上が経過した。すでに多くの新人選手が一軍でデビューを果たし立派な戦力になっている。

 なかでも野手では牧 秀悟(DeNA)と佐藤 輝明(阪神)の活躍が目立つ。この両選手は大卒でプロ入りを果たしているが、いずれも高校時代に甲子園への出場経験はなかった。高校時代に甲子園という大舞台を経験していなくても、1年目からこれだけ活躍する選手は多くいるのである。

 そこで各球団の過去5年のドラフト指名された大卒選手たちの甲子園出場歴を調べてみた。

 西武は2020年のドラフトで渡部 健人横浜商大高(中退)→日本ウェルネス高→桐蔭横浜大→2020年1位)、若林 楽人駒大苫小牧高→駒沢大→2020年4位)、大曲 錬(西日本短大附高→福岡大(準硬式)→2020年4位)、タイシンガー ブランドン 大河石川高→東農大オホーツク→2020年6位)と4人の大卒選手を指名した。そのなかですでに野手の渡部、若林、ブランドンの3人は一軍デビューし、本塁打を放っている。いずれもチームにとって欠かせない戦力となりそうだ。

 華々しいスタートを切った2020年組だが、一軍デビューを果たせていない大曲を含めた4人は、高校時代にいずれも甲子園出場の経験はない。

 2019年ドラフトでは支配下で大卒選手の指名はなかった。2018年は松本 航明石商→日体大→2018年1位)や佐藤龍世(北海高→富士大→2018年7位)といった強豪校出身の大卒選手を指名しているものの、彼らも高校時代に甲子園への出場はない。

 過去5年の大卒選手では與座 海人沖縄尚学高→岐阜経済大→2017年5位)と田村 伊知郎報徳学園高→立教大→2016年6位)のふたりが高校時代に甲子園に出場している。

 與座は3年時の2013年春・夏と2度の甲子園に出場している。春は背番号「18」、夏は背番号「11」とエースではなかった。春の大会では初戦で1.2回を投げ4失点と打ち込まれている。夏は出場機会がなかった。

 田村は1年生だった2010年夏の甲子園で5試合に登板。19回を投げ4失点、防御率1.89と好結果を残しスーパー1年生として話題を呼んだ。翌春の甲子園では2年生エースとして出場。しかし初戦で9回8失点と乱調。敗戦投手となっている。以降は甲子園に出場できなかった。

【過去5年のドラフト指名選手の甲子園出場有無】
※育成指名は支配下登録された選手のみ
※◎が甲子園出場歴あり(ベンチ入り)

<2020年>
1位:渡部 健人横浜商大高(中退)→日本ウェルネス高→桐蔭横浜大)
4位:若林 楽人駒大苫小牧高→駒大)
5位:大曲 錬(西日本短大附高→福岡大(準硬式))
6位:タイシンガー ブランドン 大河石川高→東農大オホーツク)

<2019年>
指名なし

<2018年>
1位:松本 航明石商→日体大)
4位:粟津 凱士(山本学園高→東日本国際大)
7位:佐藤 龍世(北海高→富士大)

<2017年>
1位:斎藤 大将桐蔭学園高→明治大)
5位:與座 海人沖縄尚学高→岐阜経済大)◎
育2位:齊藤 誠人(札幌光星高→北海道教育大岩見沢高)

<2016年>
2位:中塚 駿太(つくば秀英高→白鴎大)
6位:田村 伊知郎報徳学園高→立教大)◎

(記事:勝田 聡)