【トーナメント表】春季岡山大会の勝ち上がり

 20日、岡山県では西部地区予選が4試合行われ、県大会に出場するチームがすべて出そろった。

 水島工倉敷天城を11対1と打線が爆発した形で勝利すると、倉敷南倉敷を11対6で下して県大会の出場権を掴んだ。

 総社南は5対1で倉敷古城池に勝ったが、玉野光南は不戦勝で県大会へ勝ち進むこととなった。

 これで地区予選の全試合が終了。地区予選を勝ち切った16チームに加えて、昨秋ベスト8の8項を加えた全24チームで4月24日より県大会が始まる。

 なお1、2回戦は無観客での開催となることがすでに決定。準々決勝以降は感染状況を見ながらの判断となる。

<昨秋8強>
創志学園
関西
倉敷工
岡山学芸館
興譲館
倉敷商
玉野商工
玉島商

<東部地区:7校>
岡山理大附
就実
岡山商大附
岡山工
岡山東商
岡山城東
岡山

<西部地区:7校>
総社南
倉敷南
玉野光南
水島工
高梁
高梁日新
おかやま山陽

<北部地区:2校>
美作
津山商

◇4月20日の試合

令和3年度 春季岡山県高等学校野球大会 西部地区予選

令和3年度 春季岡山県高等学校野球大会 西部地区予選
代表決定戦 総社南    5  -  1    倉敷古城池
倉敷南 11  -  6    倉敷
倉敷翠松   -  不戦勝 玉野光南
水島工 11  -  1    倉敷天城