甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年に春夏連続で甲子園出場を果たした八戸学院光星の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 和田 悠弥 3年(金沢学院大-東京ヴェルディ・バンバータ)
投手 櫻井 一樹 3年(東北福祉大)
捕手 奥村 幸太 3年(神奈川大-TDK)
内野手 伊藤 優平 3年(八戸学院大-TDK)
内野手 益田 敦成 3年(東北福祉大)
内野手 小林 直輝 3年(東洋大)
内野手 徳田 大沙 3年(帝京大)
外野手 田城 飛翔 3年(福岡ソフトバンク育成-オリックス育成)
外野手 小日出 大里 3年(東北福祉大)
外野手 小池 智也 2年(法政大)

 3番・右翼手だった田城 飛翔は3年夏の1回戦、市立尼崎戦では第3打席でバックスクリーンにソロ本塁打を放った。2016年のドラフトでは福岡ソフトバンクに育成3位指名を受けプロ入りを果たした。昨年末に12球団合同トライアウトを受けオリックスから育成での契約を勝ち取り、今季から新天地で支配下登録を目指す。

 1番・二塁手を務めた伊藤 優平は2016年のU18日本代表に選出された。八戸学院大へ進学した。今年からは神奈川大へ進学した捕手の奥村 幸太とともにTDKでプレーしている。

 2016年のセンバツでは唯一2年生でスタメンに名を連ねた小池 智也は法政大に進学し今年で大学ラストイヤーを迎える。兄・小池 裕也は2012年春、大阪桐蔭光星学院(当時)と決勝を戦った優勝メンバー。

 プロ入りを果たした田城を筆頭に、今季が新たなスタートとなる選手が多い2016年の八戸学院光星ナインたち。今後の活躍にも注目だ。