【トーナメント表】春季東京大会の勝ち上がり

 18日、ダイワハウススタジアム八王子の第一試合では春季東京都大会の準々決勝、明大中野八王子日大三の試合が行われ、日大三明大中野八王子を6対3で下しベスト4進出を果たした。

 明大中野八王子は3回表、打者1巡してスイッチした日大三のエース左腕・宇山 翼から1番・須江 陽海の適時3塁打などで3点を先取。しかしその裏、日大三も1番・星 憂芽の中前適時打、3番・富塚 隼介の左前2点適時打ですぐさま同点に追いついた。

 その後、4回裏に日大三は星の本日2本目の適時打で勝ち越しに成功。7回にも途中出場の土屋マックス清文が2点適時三塁打を放ち明大中野八王子を突き放した。

◇4月18日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
準々決勝 関東一    6  -  3    國學院久我山 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
二松学舎大附 14  -  7    大森学園 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
日大三    6  -  3    明大中野八王子 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会