開幕から3週間ほどが経過した。すでに多くの新人選手が一軍でデビューを果たし立派な戦力になっている。

 なかでも野手では牧 秀悟(DeNA)と佐藤 輝明(阪神)の活躍が目立つ。この両選手は大卒でプロ入りを果たしているが、いずれも高校時代に甲子園への出場経験はなかった。高校時代に甲子園という大舞台を経験していなくても、1年目からこれだけ活躍する選手は多くいるのである。

 そこで各球団の過去5年のドラフト指名された大卒選手たちの甲子園出場歴を調べてみた。牧や佐藤のように甲子園出場歴がなくても1年目から結果を出している選手はいたのだろうか。

 阪神が2016年から2020年のドラフト会議で支配下指名した大卒の選手は12人だった。そのうち高校時代に甲子園出場を果たしているのは、ちょうど半分にあたる6人となる。

 今年のルーキーである村上 頌樹智辯学園高→東洋大→20120年5位)は、2014年夏、2016年春・夏と3度甲子園に出場。最高学年だった2016年には春の甲子園で優勝。全5試合(47回)を一人で投げ抜いた。同年夏は2回戦で敗れている。

 2017年ドラフトで支配下指名された大卒選手4人は、全員に甲子園出場経験がある。馬場 皐輔仙台育英高→仙台大→2017年1位)と熊谷 敬宥仙台育英高→立教大→2017年3位)はともに仙台育英高の同級生。3年生だった2013年春・夏の甲子園に出場している。2012年夏の甲子園にもチームは出場したが馬場はベンチ入りしておらず、熊谷はベンチ入りしていたものの出場機会はなかった。

 高橋 遥人(常葉橘高→亜細亜大→2017年2位)は2012年夏の甲子園に出場。2年生ながら初戦で中継ぎ登板を果たした。

 長坂 拳弥健大高崎高→東北福祉大→2016年7位)は2011年夏・2012年春と2度の甲子園出場経験がある。キャプテンだった2012年は打率.333(18打数6安打)とチームを牽引。準決勝で藤浪 晋太郎(現阪神)擁する大阪桐蔭高に敗れたが、堂々のベスト4進出を果たしている。藤浪との対戦は4打数1安打だった。

 甲子園未出場組ではルーキーの佐藤 輝明(仁川学院高→近畿大→2020年1位)と大山 悠輔つくば秀英高→白鴎大→2016年1位)が目立つ。両スラッガーは高校時代に甲子園という大舞台を経験しておらず、大学進学後に全国的な存在となった。

【阪神の過去5年のドラフト指名選手の甲子園出場有無】
※育成指名は支配下登録された選手のみ
※◎が甲子園出場歴あり(ベンチ入り)

<2020年>
1位:佐藤 輝明(仁川学院高→近畿大)
3位:佐藤 蓮飛龍高→上武大)
4位:栄枝 裕貴(高知高→立命館大)
5位:村上 頌樹智辯学園高→東洋大)◎

<2019年>
6位:小川 一平(横須賀工→東海大九州キャンパス)

<2018年>
大卒選手の指名なし

<2017年>
1位:馬場 皐輔仙台育英高→仙台大)◎
2位:高橋 遥人(常葉橘高→亜細亜大)◎
3位:熊谷 敬宥仙台育英高→立教大)◎
4位:島田 海吏九州学院高→上武大)◎
育1位:石井 将希桐生第一高→上武大)

<2016年>
1位:大山 悠輔つくば秀英高→白鴎大)
2位:小野 泰己折尾愛真高→富士大)
7位:長坂 拳弥健大高崎高→東北福祉大)◎

(記事:勝田 聡)