昨秋、リーグ戦優勝、東北地区王座決定戦でも優勝。エースの山野 太一高川学園出身)、元山 飛優佐久長聖出身)もプロに輩出。人材育成力の高さは大学球界トップクラスと評される東北福祉大。

 新入生が公開されたが、人材のレベルの高さは東京六大学、東都に劣らぬ顔ぶれがあった。

投手では5人の投手をピックアップ。

阿部 恋(仙台育英)は伸びやかなフォームで、140キロ前後の速球とキレのあるスライダーを投げ分ける好投手。

伊藤 佑吾(菰野)は恵まれた体格から投げ込む145キロ前後の快速球が魅力の大型右腕。

大久保 瞬盛岡大附)は独自大会でも140キロ後半の速球をマークした期待のサイドハンド。

高橋 主樹(青森山田)は140キロ前後の速球を投げ込み、ゲームメイク能力が長けた好右腕だ。

高森 陽生花咲徳栄)は130キロ中盤の速球、キレのある変化球を巧みに投げ分け、打たせて取る投球が長けた技巧派左腕だ。

 捕手では2年春に東北大会を経験している佐藤 琉河東北)に注目したい。安定したスローイングに巧打が光る好捕手で、非常にバランスが取れた選手だ。

 内野手では新入生では屈指の長打力を誇る安斎 駿斗(健大高崎)、中国地区屈指の好ショートストップとして注目された大内 海斗(高川学園)、小熊 慎之介東北)も守備範囲の広さはトップレベルのものがあるショートストップ。

 外野手では甲子園で開催された練習会で豪快な本塁打を見せた漁府 輝羽おかやま山陽)は能力的に東都一部、東京六大学でも勝負できるプレイヤー。日大山形の荒木準也監督の息子である荒木拓己も期待の外野手だ。

 東北福祉大は投手、野手ともに着実に技量を伸ばす土壌があるだけに新入生がどんな進化を果たすのか楽しみだ。