万波 中正の打撃の勢いが止まらない。なんと14試合で5本塁打、19打点、打率.340、OPS1.126と圧巻の打撃成績を残している。本塁打の1本1本が凄いのだ。

 去年は確実性が課題だったが、まだ14試合の段階とはいえ、ファームレベルではしっかりと対応ができるレベルまでとなっている。ファームの打撃成績を見ると高卒新人が軒並み1割台に苦しんでいるのを見ると、やはり着実に成長を見せているといえるだろう。

 また万波は強肩も持ち味。今シーズンでは捕殺を1個記録しているが、その時のバックホームが恐ろしい送球だった。

 このままいけば、外野手の一、二軍入れ替えは一番手で上がる選手だろう。そして一軍昇格時ではファームで見せた打撃を見せることを期待したい。

関連記事
ポテンシャル抜群の新成人・万波中正(横浜出身)が持つスラッガーとしての魅力
大谷、ダルビッシュ…日本ハム歴代のドラフト1位でベストナインを組んでみた
【日ハム】4割男・近藤や森本稀哲など下位指名のベストナインも豪華!