甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年春夏連続で甲子園出場を果たした宮崎の日南学園の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 森山 弦暉 3年(大阪体育大)
捕手 萩原 哲 3年(創価大-読売)
内野手 芳賀 憲伸 2年(上武大)
内野手 前田 尚輝 3年(三菱重工West)
内野手 石嶋 友翔 3年(日本文理大)
内野手 石田 航平 3年(中部学院大)
外野手 松永 悠臣 3年(第一工業大)
外野手 益田 海成 3年(国士舘大-九州三菱自動車)
外野手 濵本 樹 3年(国士舘大)
外野手 長原 拓海 3年(明治大)

 この中では6番・捕手を務めた萩原 哲がプロ入りを果たした。高校卒業後は創価大に進学。強肩がウリの萩原は1年春から正捕手に抜擢され、4年次には主将を務めた。昨年のドラフトで読売に7位指名を受けプロ入を果たし、プロ1年目のシーズンを迎えた。

 身長160センチと小柄ながらチームのエース・主将として2季連続の甲子園出場に牽引した森山 弦暉は大阪体育大に進学。大学3年時には全日本大学野球選手権出場を果たした。

 選抜の1回戦、明石商戦では本塁打を放った濵本 樹は国士舘大に進学した。同じく講師関大に進学した益田 海成はこの春から福岡県福岡市に拠点を置く九州三菱自動車に入社し硬式野球を継続する。

 そして日南学園はこの春の県大会では4年ぶりの優勝を果たしている。OBも含めこれからの活躍ぶりに注目だ。