東京六大学の強豪・立教大。2017年には田中 誠也大阪桐蔭出身)、中川 颯桐光学園出身)の活躍で大学選手権優勝。その後も東京六大学で強さを示している。今回はそんな立教大の2021年度の新入生を紹介をしていきたい。

【投手】
朝井 優太健大高崎
大森 靖一郎(神戸国際大附
沖 政宗磐城
小野 瑛一朗(利府
坂本 武紗士白樺学園
佐々木 孝輔(日大習志野
塩野目 慎士(足利
ハント 丈(立教新座
三河 吉平(春日部共栄


 まず健大高崎朝井 優太は小山ボーイズ時代から日本代表を経験している投手で、故障を乗り越え、2年秋から台頭。常時130キロ後半の速球を丁寧に投げ分ける投球はうまさがあり、好投手ぞろいの健大高崎の中でもそのうまさは絶品だった。

 そして磐城沖 政宗も2019年秋、東北大会ベスト8に導き、投球のうまさには定評のある投手だ。坂本 武紗士白樺学園)は主にリリーフとして、2019年秋季前同大会優勝に大きく貢献した右のサイドハンド。投球術をさらに磨き、ベンチ入りを狙う。春日部共栄の三河吉平も140キロ後半の速球を投げ込むといわれる逸材だ。

【捕手】
戸丸 秦吾健大高崎
渡邉 翔太 (本庄東

【内野手】
井上 太陽(東農大二
岡本 豪(報徳学園
齋藤 謙仁(千葉経大附
齋藤 大智東北
田中 祥都仙台育英
新村 啓太(東海大高輪台
友廣 元(東筑
山下 恵史朗(延岡
鬼頭 勇気横浜
黄 之芃興南
菅谷 真之介(市立船橋
松永 龍明(立教新座
植野 遼太郎(立教新座
柴田 恭祐(東明館
平野 太陽春日
宮川 雄基明豊
【外野手】
小木曽 星音(常総学院
吉澤 祐人(立教新座)


戸丸秦吾(健大高崎)

 健大高崎戸丸 秦吾は今年の新入生の中でも最も大物と行っていいだろう。スローイングタイム1.8秒台の強肩。そしてパワフルな打撃も持ち合わせる。捕手としての力量はもちろんだが、ハキハキとしたメデイア対応に答える姿も魅力的だ。幹部候補としても期待の人材だろう。

 そのほか幹部候補としては、巧打の内野手・田中 祥都仙台育英)も実力だけではなく、リーダーシップの面でも楽しみな選手が入部。

鬼頭 勇気横浜)も守備力が高い内野手として活躍を見せていた好プレイヤーだ。宮川 雄基明豊)は、交流試合でも適時打を記録した巧打の遊撃手。小木曽 星音は昨年の常総学院の主力打者として活躍し、独特のバット裁きで、次々とヒットを量産していた左打者だ。

(文=河嶋 宗一



関連記事
プロ注目右腕、大阪桐蔭の主将など大商大新入生31名が精鋭揃い
履正社の強打者、八王子の好左腕など関西学院大注目の5人の新入生【新入生50名リスト付き】
天理のスラッガー、140キロ後半など天理大期待の新入生6人を紹介!