埼玉西武の2年目右腕の上間 永遠が8日、プロ初先発。沖縄出身の上間は柳ヶ浦、徳島インディゴソックスを経て埼玉西武入り。

 この投手の最大の武器は何事にも動じないマイペースさだろう。しゃかりきにアピールする投手ではなく、自分は自分。チームの勝利に貢献するために自分の仕事に専念できるメンタリティの強さを持った男なのだ。

 入団前にインタビューした時、自分のピッチングスタイルについてこう語ってくれた。

 「調子が悪いと難しいですが、それなりの調子ならば、ストレート、変化球の内容を見て、ピッチングの軸を決めていました。それはチームが勝利するためにやっていて、自分はこういうタイプだから、こうアピールしようという気持ちは全くなかったですね」

 実にマイペースな投手だと実感した。あとは球速がどれだけ速くなるかの投手だったが、150キロ台のストレートも増え、パワーアップした姿がみられる。オープン戦でも好投し、初先発の座を手にした。

 埼玉西武に新たな風を吹かしてくれるか。注目だ。


関連記事
主力捕手はドラフト1位! 西武歴代のドラフト1位でチームを組んでみた
工藤、和田、GG佐藤など下位指名でも凄かった西武のベストナイン
松坂に続く西武の次世代担う若手高卒選手