【トーナメント表】春季東京大会の勝ち上がり

 4月3日より開幕した春季東京都大会も7日で2回戦が終了。ここまででベスト16が出揃い、10日からはいよいよベスト8をかけた3回戦が始まる。ここで一旦東西東京で分けてみた場合、どの学校が勝ち残っているのか。校数とともに振り返っていきたい。

<東東京>
都立小山台
関東一
二松学舎大附
大森学園
日大豊山

<西東京>
東海大菅生
八王子
専修大附
國學院久我山
創価
日本学園
佼成学園
明大中野八王子
都立日野
日大鶴ヶ丘
日大三

 結果は東東京5校、西東京11校と西が優勢の結果になっている。

 西東京は昨秋優勝した東海大菅生を筆頭に都大会で準優勝した日大三や、好投手・羽田 慎之介を擁する八王子。さらに、国士舘を破った明大中野八王子や、早稲田実業を倒した國學院久我山など11校が勝ち残る結果になった。

 一方の東東京は、好投手・市川 祐を擁する関東一に、同じく左の好投手・秋山 正雲がいる二松学舎大附。さらに木暮 瞬哉-森村 輝バッテリーを擁する都立小山台や新体制・石黒隼監督率いる大森学園日大豊山の5校が勝ち残った。

 果たしてベスト8に勝ち残るチームはどこなのか。10日、11日の3回戦も注目だ。

◇4月7日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
2回戦 東海大菅生    2  -  0    東京成徳大高 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
都立小山台 10  -  9    啓明学園 駒沢野球場
専修大附    6  -  4    桜美林 府中市民球場
八王子 10  -  3    上野学園 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
國學院久我山    5  -  3    東海大高輪台 府中市民球場
創価    9  -  2    都立江戸川 江戸川区球場
日本学園 10  -  7    岩倉 駒沢野球場
関東一    6  -  1    共栄学園 江戸川区球場

◇4月10日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
3回戦 二松学舎大附 10  -  6    佼成学園 駒沢野球場
大森学園    2  -  0    日大豊山 駒沢野球場
明大中野八王子    6  -  4    都立日野 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
日大三    4  -  2    日大鶴ヶ丘 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)

◇4月11日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
3回戦 東海大菅生    7  -  1    都立小山台 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
八王子 10  -  0    専修大附 駒沢野球場
國學院久我山    3  -  2    創価 ダイワハウススタジアム八王子(八王子市民球場)
関東一    8  -  1    日本学園 駒沢野球場

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会

関連記事
【大会日程・結果】春季東京都大会の結果一覧
【動画】帝京のショートに関東一の本格派右腕など東京都の注目の逸材14人
【トーナメント表】東海大菅生、八王子らが勝ち上がるブロックの結果一覧