期待の高卒新人野手をまずチェックするのは打撃成績だと思うが、打撃成績よりも守備成績を見たくなるのが、中日3位の土田 龍空だろう。

 ここまでファーム11試合は遊撃手としてすべて出場し、守備率10割なのだ。ここまで22捕殺はリーグ2位、そして14刺殺もリーグ4位と好成績だ。

 打撃面では28打数5安打、打率.179だが、攻守の内容、高卒選手らしからぬ実戦力、野球脳の高さに首脳陣、ファンが絶賛している。

 守備からまず楽しめる高卒野手は土田しかいないだろう。果たしてどこまで無失策を続けるか、打撃面もどこまで数字を伸ばすか楽しみだ。



関連記事
土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】
世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】
超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】