東海大相模が待つ決勝へ駒を進めたのは、春夏通じて初の決勝進出となった明豊だった。

 明豊は4回に中京大中京の先発・柴田 青から一挙5得点を挙げて試合の主導権を握ると、強力投手陣がそこから踏ん張る。6回途中まで先発・太田 虎次朗中京大中京を3失点に封じると、2番手で登板した京本 眞も粘りの投球。中京大中京に反撃を許さずにリードを守る。

 最終回のマウンドにも挙がった京本は、中京大中京6番・加藤 優翔に二塁打を許すなどピンチを招くと、1点失ったものの同点を許さずにゲームセット。

 5対4で明豊中京大中京を下した。

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり


31日の試合

関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名