息詰まる投手戦は、東海大相模天理との投手戦を制して決勝へ勝ち進んだ。

 4番・柴田 疾のタイムリーで先制した東海大相模は、9回に天理バッテリーのミスで待望の2点目でダメ押しに成功。この2点をエース・石田 隼都が天理に圧巻の投球。最速144キロを計測した真っすぐを軸に、スライダーにチェンジアップを織り交ぜる投球で15奪三振と天理打線に的を絞らせなかった。

 天理も先発・仲川 一平が8回まで東海大相模を1点に抑える投球で味方の反撃を待ったが、打線が石田を攻略できず。東海大相模が2011年以来の選抜制覇に王手をかけた。

 なお、天理のエース・達 孝太は7回に一度ブルペンで投球をしたが、マウンドに登ることはなく選抜を終えた。

石田 隼都
最速144キロ
ストレート平均球速:135.6キロ

瀬 千皓
3打数無安打

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり


31日の試合


関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名