仙台育英が早くも反撃ののろしを上げてきた。

 2点を追いかける3回、先頭の3番・八巻 真也天理先発・達 孝太の141キロの真っすぐを捉えると、ライトポールを巻くホームラン。ここ2試合で打率.500と好調をキープしていた八巻の大会第7号となる本塁打で1対2と仙台育英が1点差に詰め寄った。

 その後、さらに仙台育英はチャンスを作り、一死二、三塁から7番・島貫 丞の犠牲フライで早くも同点。伊藤 樹の好投から流れを呼び戻し、試合は振り出しに戻した。

達 孝太
3回 72球
最速146キロ
ストレート平均球速:137.6キロ

伊藤 樹
2回 29球
最速147キロ
ストレート平均球速:142.7キロ

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり



29日の試合


関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名