【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり

 19日から開幕した選抜も大会8日目。2回戦3試合がおこなれ、ベスト8の顔ぶれが決まった。

 第1試合は智辯学園広島新庄の一戦。広島新庄が先取点を上げるが、智辯学園は3回に前川 右京らのタイムリーで一挙3点で逆転に成功する。その後も小刻みに点数を重ねて広島新庄を引き離すと、小畠 一心が相手打線を2点に抑える好投で見事勝利。ベスト8進出を決めた。

 2試合目は劇的なサヨナラ。京都国際が4対2と2点リードで迎えた9回、東海大菅生は無死から連打でチャンスを作るなど二死満塁とすると、代打・多井 耶雲のライト線へのサヨナラ打でゲームセット。5対4の劇的勝利で準々決勝に進んだ。

 ベスト8最後のイスをかけた中京大中京常総学院の一戦は、中京大中京の打線が爆発。3対0で迎えた4回、中京大中京は4番・原 尚輝と6番・加藤 優翔のタイムリーなどで一挙5得点。8対0と試合の主導権を握った。

 守ってはエース・畔柳 亨丞が今大会最速の149キロを計測するなど7回1失点の好投で常総学院を封じ込めて見事勝利。15対5で常総学院を圧倒し準々決勝進出に貢献した。

 準々決勝の4試合は28日に行われる予定となっている。

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり


27日の試合
28日の試合



関連記事
北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名