ベスト8進出を決めた東海大相模。エースの石田 隼都は5回からのリリーフ登板だったが、鳥取城北打線の反撃を封じ込める形で勝利に貢献した。

5回からマウンドに上がると、5、6回はヒットを許さない安定の投球。7、8回は得点圏にランナーを背負うピンチを招いたが、ギアを上げた投球でホームを踏ませない。

9回には先頭の岸野 桂大に二塁打を許すなど一死三塁と再びピンチを招いたが、最後は連続三振。無失点に抑え、ベスト8進出に貢献した。

石田 隼都
5回 被安打5 奪三振7 与四死球0
最速142キロ
ストレート平均球速:137.1キロ

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり


26日の試合

関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名