明徳義塾中から大阪桐蔭へ進学し、現在は右のエースとして活躍する関戸 康介がついに甲子園デビューを果たした。

 5回から先発・松浦 慶斗の後を継いでマウンドに上がると、先頭の西村 王雅は振り逃げで出塁させるが、1番・岡島 光星からは空振り三振。その後、ピンチを招きながら何とか凌いで立ち上がりを0点で終えた。

 直後の攻撃で2点を返してもらい流れが傾きつつあったが、6回に失点を重ねた関戸。最速146キロを計測したが苦しい投球が続き、1回1/3、3失点でマウンドを降りた。

(記事=編集部)


関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名