大阪桐蔭智辯学園の一戦は思わぬ形で幕を開けることになった。

 智弁学園のエース・西村 王雅は三者凡退に抑える立ち上がりを見せた一方で、大阪桐蔭のエース・松浦 慶斗は智弁学園に捕まる。

 1番・岡島 光星にヒットを許しいきなりランナーを背負うと、無死満塁から4番・山下 陽輔の犠牲フライ。さらには6番・植垣 洸のレフト線へのタイムリーで4点。注目カードは4対0で智辯学園が主導権を握って進む形になった。

 試合は4回を終了し、智弁学園がリードしている。

(記事=編集部)


関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名