甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年春に選抜初出場を果たした大阪桐蔭の主な選手たちのその後を紹介する。

高山 優希(北海道日本ハム)2016年5位
永廣 知紀(法政大-明治安田生命)
中山 遥斗(国学院大-三菱重工East)
吉沢 一翔(早稲田大-大阪ガス)
三井 健右(立教大-大阪ガス)
古寺 宏輝(関東学院大-Honda熊本)
松山 心(大阪商業大)
栗林 佑磨(同志社大)
岩本 久重(早稲田大)
島野 凌多(龍谷大)
徳山 壮磨(早稲田大)
福井 章吾(慶應大)
井上 大輔(同志社大)
大石 航輝(天理大-日本新薬)
越智 泰弘(駒澤大-ジェイプロジェクト)

 エースの高山 優希は2015年秋の明治神宮大会準優勝へ牽引。2016年のドラフトで北海道日本ハムに5位指名を受け入団。昨年は中止となったWBC予選で母の母国であるフィリピン代表に選出されていた。現在は育成契約となり支配下復帰を目指している。

 1番・二塁手の永廣 知紀は法政大へ進学。入学から3年間、リーグ戦出場機会はなかったが、昨夏に行われた2020年春季リーグでは首位打者とベストナインに輝き同大のリーグ優勝に牽引。この春からは社会人の名門・明治安田生命でプレーする。

 4番を務めた三井 健右は立教大に進学し2年春には3試合連続本塁打を記録。昨秋は打率.314、2本塁打、6打点を記録した。社会人では大阪ガスでプレーする。

 関東学院大に進学した古寺 宏輝は3年時には神奈川大学野球連盟選抜のメンバーとしてオランダ遠征に参加。チームの4番として打線を牽引した。

 当時2年生で翌年の選抜で優勝を果たすメンバーからは、徳山 壮磨福井 章吾井上 大輔が途中出場で甲子園を経験。そして岩本 久重木更津総合戦では8番・右翼手としてスタメン出場を果たした。徳山、岩本は早稲田大に進学。今年で大学ラストイヤーとなり徳山はエースとして、岩本は副主将で捕手としてチームを牽引する。宿敵・慶応大へ進学した福井は今季から主将を務め、同リーグで元チームメイトたちとしのぎをけずる。

 木更津総合戦で代打として出場した島野 凌多は龍谷大で主将を務めた。3年時秋には三塁手としてリーグベストナインに輝いた。また、弟・圭太は履正社で昨夏甲子園に出場、妹・愛友利は中学時代ジャイアンツカップ優勝を経験し現在は神戸弘陵でプレーしている野球一家だ。

 これからも楽しみな選手が多い2016年の大阪桐蔭ナイン。今後の活躍にも注目だ。