3月26日の開幕戦まであとわずかに迫った。すでに各球団の監督は開幕投手を発表しており、その指名されたエース格の投手たちは大一番に向けて準備を進めている。

 現在、発表されている12名の顔ぶれを見ると高卒出身が6名、大卒出身が6名となっており社会人出身はひとりもいない。開幕投手はローテーションや相性、故障の影響などもあるとはいえ、多くの場合、球団の顔とも呼べる投手が登板する。

 社会人出身の投手は少ないのか、それともたまたまなのか。開幕投手たちの経歴を楽天が新規参入した2005年以降で球団ごとに調べてみた。

 今年の日本ハムは上沢 直之 専大松戸高)が2年ぶり2度目の開幕投手に抜擢された。オープン戦では3試合に登板し15回を投げ、防御率1.80と文句ない仕上がりを見せており不安はない。

 日本ハムでは2005年以降、生え抜きの高卒出身者が開幕投手を務めることが多かった。金村 暁(仙台育英高)、ダルビッシュ 有東北高)、吉川 光夫広陵高)、大谷 翔平花巻東高)、そして上沢と5人の生え抜き高卒出身の投手がいる。これは2005年から2020年までの期間では12球団でもっとも多い。

 しかし成績は芳しくない。ダルビッシュは2007年から5年連続で開幕投手を務めたが、開幕戦に限っては1勝3敗と負け越している。また、大谷も1勝1敗、吉川は勝ち負けなしとなっており、この期間で勝ち越しているのは1勝0敗の金村しかいない。その金村も通算では1勝1敗と貯金はない。

 また、高卒出身の選手が多いからといって大卒や社会人出身、そして外国人選手の開幕投手がいないかと、いうとそんなことはない。大卒出身では有原 航平広陵高→早稲田大)と斎藤 佑樹早稲田実業→早稲田大)、社会人出身では武田 勝(関東一高→立正大→シダックス)が開幕投手を務めた。また、外国人選手もミラバルとロドリゲスが大役を任されている。

 上沢が前回開幕投手を務めた2019年は、オリックス相手に6回3失点と最低限の結果を残したものの、勝ち星はつかなかった。自身2度目となる開幕投手で待望の開幕戦白星を勝ち取り、貯金をつくることができるだろうか。

 <日本ハムの開幕投手>
※2021年は予定
※2005年以降

 2021年:上沢 直之 専大松戸高)
2020年:有原 航平広陵高→早稲田大)
2019年:上沢 直之 専大松戸高)
2018年:ロドリゲス
2017年:有原 航平(]広島広陵高→早稲田大)
2016年:大谷 翔平花巻東高)
2015年:大谷 翔平花巻東高)
2014年:吉川 光夫広陵高)
2013年:武田 勝(関東一高→立正大→シダックス)
2012年:斎藤 佑樹早稲田実業→早稲田大)
2011年:ダルビッシュ 有東北高)
2010年:ダルビッシュ 有東北高)
2009年:ダルビッシュ 有東北高)
2008年:ダルビッシュ 有東北高)
2007年:ダルビッシュ 有東北高)
2006年:金村 暁(仙台育英高)
2005年:ミラバル

記事:勝田 聡


関連記事
大谷、ダルビッシュ…日本ハム歴代のドラフト1位でベストナインを組んでみた
4割男・近藤や森本稀哲など下位指名のベストナインも豪華!
次世代主砲は清宮?野村?万波?