三島南が安定した守備で、鳥取城北と互角の試合展開を見せている。

 2回に7番・富岡 創の犠牲フライで先制に成功すると、この1点をきっちりと守る。先発するエース・植松 麟之介は140キロを超えるようなスピードボールや、切れ味鋭い変化球などを持ち合わせるわけではない。それでも全身を使い、鞭のようにしならせた右腕からは130キロ台の真っすぐ。さらに同じ腕の振りから110キロ台のスライダーと緩急巧みにコーナーを使った投球で的を絞らせない。

エースの打ち取る打球を野手も堅実にプレーする。無理な送球をせずに確実に丁寧なスローでアウトを重ねる。昨秋から守りのチームとして静岡県大会でも結果を残してきたが、大舞台でも自分たちのパフォーマンスができるのは、「100%の力を出すための準備を大切にする練習」を念頭において練習してきたことが甲子園でも安定し守備に繋がっている。

5回にエラー絡みなど4本のヒットを許して1対3と追いかける展開となったが、粘りの守備で終盤勝負に行きたい。

【トーナメント表】第93回大会





関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名