鳥取城北三島南により大会2日目第2試合も終盤までは白熱の投手戦となったが、鳥取城北三島南を振り切って、2回戦へ駒を進めた。

 0対1のビハインドで迎えた5回、鳥取城北は相手のミスと4本で一気に3点を奪って逆転して試合の主導権を握った。6回に三島南4番・小堂 湧貴のタイムリーで1点を返されたが、9回に主砲・畑中 未来翔の犠牲フライなどで3点を追加して三島南を振り切った。

 敗れた三島南だが、5回を除けばエース・植松 麟之介を中心とした持ち前の守備力を存分に発揮。打ってもヒット8本と途中まで鳥取城北とは遜色ない互角の戦いぶりを見せた。

 その中でも注目の強打者・前田 銀治は2本のヒットをマーク。9回にはマウンドに上がったが、3失点を許す結果になったが、真っすぐは130キロ中盤を計測するなど能力の高さを見せた。夏にかけて一皮むけて静岡を沸かせる選手としてチームを再び甲子園に導けるか注目だ。

【トーナメント表】第93回大会





関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名