19日より開幕したセンバツ。2日目第2試合は21世紀枠・三島南が、中国地区代表・鳥取城北相手にリードする展開で序盤5回を終えた。

 試合が動いたのは2回、5番・山田 駿のヒットを皮切りにチャンスをつかむと、一死三塁から7番・富岡 創のレフトへの犠牲フライで三島南が先制。一塁側アルプススタンドにいる三島南の赤いメガホンが一斉に揺れると同時に球場全体からも拍手が出るなど、球場全体が明るい雰囲気に包まれた。

 追いかける鳥取城北は3回までランナーを出しながらも走塁ミスや併殺打などに終わり、チャンスを広げられないまま3回まで終わった。

 注目打者の三島南前田 銀治鳥取城北畑中 未来翔は3回までノーヒット。中盤以降のバッティングに注目したい。

【トーナメント表】第93回大会





関連記事
東海対決など2日目3試合の見所を解説!
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名