甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に8強入りを果たした聖光学院の主な選手たちのその後を紹介する。

松本 康希(関西国際大)
小泉 徹平(明治大)
加納 皐(中央学院大)
鈴木 駿輔(青山学院大中退-福島レッドホープス-信濃グランセローズ)
鎌倉 誠(同志社大)
佐藤 駿矢(新潟医療福祉大)
瀬川 航騎(東洋大)
西川 将也(関西大)
鈴木 拓人(東洋大-東邦銀行<軟式>)

 1番・三塁手の松本 康希は関西国際大へ進学。4年時は主将を務め、秋季リーグでは阪神大学野球リーグの3季ぶりの優勝へ牽引した。最終節の最終戦・大体大との試合では決勝の右前適時打を放った。

 2年生で二塁手のレギュラーを張った小泉 徹平は明治大へ進学し1年春からリーグ戦出場を果たした。しかしその後2年間は怪我もあり出場機会がない。今年で大学ラストイヤーを迎え復活が期待される。

 4番・投手の二刀流・鈴木 駿輔は進学した青山学院大を2年で中退し福島レッドホープスで独立リーガーとしての道を選ぶ。昨シーズンは投手としてリーグベストナインに輝いた。今季からは信濃グランセローズでプレーする。

 エース左腕・鈴木 拓人は東洋大に進学。この年の優勝校・作新学院の主将の山本 挙輝や選抜優勝の智辯学園のエース・村上 頌樹らとともにプレーした。大学卒業後は東邦銀行の軟式野球部でプレーする。

 まだ現役の選手が多い2016年の聖光学院ナインたち。今後の活躍にも注目だ。


関連記事
プロ4名輩出 2016年秀岳館の主力選手たちの現在
エース村上は阪神へ!2016年春Vの智辯学園ナインのその後
快進撃を続け、2016年夏準優勝の北海の主力選手たちのその後