今季から東京ヤクルトでプレーすることとなった宮台 康平(湘南ー東京大学)が神宮デビューを果たした。

 14日、明治神宮球場で行われた中日とのオープン戦で登板。19年ドラフト一位の奥川のあとをつないで3回二死満塁の場面で登板。見事に三振に打ち取った。左の中継ぎの座を狙う宮台にとっては大きなアピールとなった。


関連記事
東大・宮台康平(湘南出身)の加入でヤクルトは東京六大学をコンプリート!
東大出身の宮台康平は東京ヤクルトの左腕争いに勝てるか?
守備職人・笠原健吾は引退してJR東海へ。東大主力4年生の進路は?