関西六大学に所属し、全国大会常連の大商大。そんな大商大の新入生を紹介したい。

 まず投手でいえば、 片山 維帝京第五)は期待の速球派右腕。140キロ中盤の速球、キレのあるスライダー、スローカーブを交え、抑える投球を見せる。
 佐久間 大翔大阪商業大高)は左腕からキレのある速球を投げ込む好左腕で、 中島黛我 (大阪商大堺)も大阪府内では名が知られていた好投手、 和田 育也高知中央)も140キロ前半の速球で押す快速球投手で、2年秋は四国大会ベスト4進出に貢献している。

 松田 直生大阪商業大高)は2年からレギュラーとして出場していた右の巧打者で、大学では捕手登録。内野手では、 昨年の北北海道大会で本塁打を量産したスラッガー・金原 塁(クラーク記念国際)、鳥取地区を代表するスラッガー・河西威飛(鳥取城北)、主将として交流戦1勝に貢献した菊地 柚尽誠学園)、 薮井駿之裕(大阪桐蔭)は昨年主将としてチームをまとめ、東海大相模との交流試合では決勝打を放った。

 外野手では 山本 晴登大阪商業大高)はパワフルな打撃と強肩が魅力の逸材で、 福島 大輝倉敷商)は勝負所で本塁打を量産するなど、勝利に貢献してきた右のスラッガー。 渡部聖弥 (広陵)は最終学年にかけて大きく長打力を伸ばしてきた右のスラッガーだ。

 全国レベルの選手が数多く入学した大商大。どれだけの選手が台頭するか楽しみだ。