現在、プロ野球界では巨人のドラフト5位ルーキー秋広 優人の活躍ぶりに多くの注目が集まっている。7日に行われた日本ハムと巨人のオープン戦では2安打を放ち好調をキープした。

 一方、日ハムでは2年目の上野 響平京都国際出身)とルーキー細川 凌平智辯和歌山出身)の両内野手がともに出場。上野は「9番・遊撃」でスタメン出場を果たし、細川は9回の守備から上野に代わって出場した。

 4日の西武戦で初打席初安打初打点を記録していた2019年ドラフト3位の上野は、この日は無安打に終わったが、京都国際時代から騒がれた好守が評価されており、正遊撃手候補の一人として開幕一軍入りにアピールを続けている。

 そして昨年のドラフト4位の細川は6日の巨人戦で本拠地デビューを果たし、2試合連続出場だったがこの日は打撃機会はなく初安打はお預けとなった。智辯和歌山時代は1年夏から甲子園を経験。1年秋からは中堅手としてプレーし、2年秋から遊撃手を務めた。走攻守の三拍子揃った抜群のセンスが光り昨年日ハムから指名を受けた唯一の高卒野手だ。

 中島 卓也福岡工出身)、平沼 翔太敦賀気比出身)らとともにこの若手2人が正遊撃手争いに加わることができるか、注目だ。


関連記事
大谷、ダルビッシュ…日本ハム歴代のドラフト1位でベストナインを組んでみた
清宮幸太郎(早稲田実業出身)ら日本ハム過去5年のドラ1選手が揃って1軍キャンプスタート
中田、渡邉など高卒生え抜きが支える日ハム打線 次世代の左右主砲・清宮&野村にも期待!