【注目選手のギャラリーはこちら】

 3月19日に開幕する今年の選抜大会。今回は出場選手の中で昨秋公式戦で20安打以上を記録している選手を見ていく。

柳沢 樹上田西)32安打
沼田 大輔柴田)24安打
細江 泰斗中京大中京)24安打
櫻井 歩夢健大高崎)23安打
笹原 操希上田西)23安打
舟山 昂我柴田)21安打
友納 周哉福岡大大濠)21安打



細江 泰斗(中京大中京)

 出場選手で昨秋の最多安打は上田西の主将・柳沢 樹だ。52打数32安打、打率.615を記録している。一冬明け選抜の舞台では更なる飛躍が期待される。

 柴田沼田 大輔も打順は6番ながらチームトップの打率.533を記録している。同じく24安打を記録した中京大中京のリードオフマン・細江 泰斗は広角なバッティングが持ち味だ。23安打を記録した健大高崎櫻井 歩夢は盗塁もチームトップの5個をマークしている。上田西笹原 操希は旧チームでは4番を務めていたが、今チームでは1番に抜擢され起用に応える働きを見せた。

 柴田からは好右腕・谷木 亮太の女房役である舟山 昂我も21安打を放ち援護してきた。攻撃面に課題を残した福岡大大濠からも2番の友納 周哉が21安打、打率.467を残し打線を牽引した。

 そして、19安打を記録している選手が5名並ぶ。顔ぶれは以下の通り。

【19安打】
宮下 朝陽北海
杉浦 琉生上田西
飛鳥井 洸上田西
繁永 晟大阪桐蔭
廣田 大和八戸西

 秋の良いイメージを残し、センバツの舞台で発揮できるだろうか。彼らの打棒に注目だ。



関連記事
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名