甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年に春夏連続で甲子園ベスト4進出を果たした熊本の秀岳館の主な選手たちのその後を紹介する。

有村 大誠 3年(立命館大-Honda)
九鬼 隆平 3年(福岡ソフトバンク)
松尾 大河 3年(横浜DeNA-琉球ブルーオーシャンズ)
木本 凌雅 2年(亜細亜大)
堀江 航平 3年(JFE東日本)
廣部 就平 2年(中部学院大)
天本 昂佑 3年(日本文理大)
秀岳館 3年(JR西日本)
木村 勇次 3年(横浜商科大)
中井 雄亮 3年(中部学院大)
田浦 文丸 2年(福岡ソフトバンク)
川端 健斗 2年(立教大)
井上 智広 3年(中部学院大)
宮平 保汰 3年(九州共立大)

 秀岳館の監督就任前はボーイズリーグのオール枚方ボーイズで指揮を執っていた現県立岐阜商監督の鍛治舎巧監督を慕い、鍛治舎監督の下でプレーした多くの選手が同校の門を叩いた。そして当時3年からは九鬼、松尾が2016年のU18日本代表に選出さる。松尾は大会首位打者にも輝いた。

 九鬼は福岡ソフトバンクに3位指名を受け入団。その1年後には田浦もソフトバンクに入団しチームメイトとなった。松尾は横浜DeNAに3位指名で入団したが、2019年に戦力外通告を受ける。現在は2020年から始動した琉球ブルーオーシャンズでNPB復帰を目指しプレーしている。

 最高学年時は田浦と川端で2枚看板をはり、4季連続甲子園出場、3季連続ベスト4進出に牽引した。両者は2017年のU18日本代表にも選出された。川端は立教大に進学。1年春からリーグ戦に出場し春秋で3勝をマークするもその後は勝ち星を挙げられていない。今年で大学4年となり、ラストイヤーでの返り咲きを目指す。

(記事=編集部)


関連記事
中学5冠を達成した2013年枚方ボーイズの現在地
プロでも藤原・小園の枚方ボーイズコンビは見逃せない!!
県内34連勝達成!2016年の選抜に出場した東海大甲府ナインのその後