【注目選手のギャラリーはこちら】

 3月19日に開幕する選抜甲子園大会。出場選手の中学時代の出身チームをじっくりと見るコアなファンも最近では珍しくないが、今年の注目チームの一つが山口東シニアだ。同チーム出身で、選抜甲子園出場が予想されるのは大阪桐蔭前田 健伸選手と野間 翔一郎選手、広島新庄瀬尾 秀太選手と広島新庄選手の4名だ。

 前田選手は大阪桐蔭のクリーンナップを任されるまでに成長し、また野間選手も主に2番打者としてチームの繋ぎ役を担っている。瀬尾選手は、広島新庄の3番・遊撃手とチームの屋台骨を担っており、平田選手は6番打者ながらチームトップの打率.469を記録。それぞれがチームに欠かせない存在となり活躍を見せている。

 当時の山口東シニアは、リトルシニアの夏の全国大会であるリポビタンカップ第46回日本選手権で準優勝を果たし、瀬尾選手は敢闘賞を、前田選手と平田選手はベストナインを獲得。また選抜出場は果たせなかったが、浦和学院三奈木亜星投手もチームのエースとして君臨しており、同大会で優秀選手を獲得するなど、力のある選手が揃っていた。

 広島新庄には瀬尾選手、平田選手以外にも山口東シニア出身の選手が在籍しており、まだまだ選抜甲子園出場の可能性もある。彼らの甲子園での活躍に注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
【動画】山口東シニア時代の前田健伸のパワフルな打撃練習
中学時代の野間翔一郎が語った“藤原恭大2世”への道
広島新庄・瀬尾秀太の基礎を作った中学時代のエピソードとは?