【動画】これが東京六大学屈指のスラッガー・正木 智也(慶應大)の打撃!ロングティーで飛ばす!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.15

 今年の大学生でトップクラスのスラッガーといえば慶應大の正木 智也選手ではないでしょうか。182センチ・87キロと恵まれた体格に、慶應ボーイらしいハンサムな顔立ち。高校時代は通算50本塁打を放ち、慶応大でもここまでリーグ戦通算6本塁打、打率.309。ベストナインも2度獲得しており、打撃成績を年々上げてきています。

 今回はそんな正木選手のストロングポイントである打撃について迫っていきたいと思います。東京六大学屈指のスラッガーは、一体どんな打撃理論を持っているのか。技術論だけでなく、木製バットへの対応や練習方法も伺ったので、高校球児の皆さんは是非参考にしていただければと思います。

(動画を見る)


関連記事
清原長男、センバツ出場のエースなど話題性のある20人の慶應大の新入生たち
慶應大は9人が硬式野球継続!通算5本塁打打者はサントリー、高校時代から注目された大型左腕はソニーへ
現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1

【関連記事】
独立リーグから復帰した歳内 宏明も1軍スタート。本格復帰となる2021年にブレークなるか 【ニュース - 高校野球関連】
前阪神の伊藤隼太(中京大中京出身)が愛媛MPへ!圧倒的な成績を残すことができるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第278回 佐藤輝明(近大)、牧 秀悟(中大)など甲子園未出場の大学生野手たち【ドラフト特集コラム】
第1261回 大学生トップクラスの守備職人・瀬戸西純(慶応大)の高い守備をもたらしたのは「壁当て」 【2020年インタビュー】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第538回 正木智也(慶応義塾)「この夏も神奈川の主役の座は譲らない」 【2017年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
正木 智也(慶應義塾) 【選手名鑑】
慶應義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【全国】中国大会 高川学園が接戦を制して初優勝!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る