今年の大学生でトップクラスのスラッガーといえば慶應大の正木 智也選手ではないでしょうか。182センチ・87キロと恵まれた体格に、慶應ボーイらしいハンサムな顔立ち。高校時代は通算50本塁打を放ち、慶応大でもここまでリーグ戦通算6本塁打、打率.309。ベストナインも2度獲得しており、打撃成績を年々上げてきています。

 今回はそんな正木選手のストロングポイントである打撃について迫っていきたいと思います。東京六大学屈指のスラッガーは、一体どんな打撃理論を持っているのか。技術論だけでなく、木製バットへの対応や練習方法も伺ったので、高校球児の皆さんは是非参考にしていただければと思います。

(動画を見る)


関連記事
清原長男、センバツ出場のエースなど話題性のある20人の慶應大の新入生たち
慶應大は9人が硬式野球継続!通算5本塁打打者はサントリー、高校時代から注目された大型左腕はソニーへ
現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1