青森県の逸材を紹介したい。

野呂 洋翔八戸学院光星
佐藤 海弘前学院聖愛
藤森 粋七丞青森山田
福島 蓮八戸西
黒田 将矢八戸工大一

 昨秋、1年生ながら4番に座った野呂 洋翔は強豪校相手に本塁打を量産するなど期待のスラッガー。佐藤 海弘前学院聖愛)は投手としても能力が高く、打者としても4番に座り、勝負強い打撃を見せる二刀流だ。

 青森山田藤森 粋七丞も最速146キロを誇る速球派右腕。躍動感あるフォームから繰り出すストレートの威力は抜群だ。21世紀枠として甲子園に出場する八戸西のエース・福島 蓮は186センチの長身から140キロを超える速球を投げ込み、ドラフト候補としてどんなアピールを見せるか注目が集まる。

 千葉ロッテの怪腕・種市 篤暉を輩出した八戸工大一からまたも期待の逸材が。それが188センチの大型右腕・黒田 将矢だ。最速142キロを誇り、今春には大きくレベルアップを遂げ、高卒プロを狙える力量を身に着けることができるか注目をしていきたい。


関連記事
【一覧】選抜出場32校
鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】
最高成績は準優勝!習志野、明石商など選抜過去5年の公立出場校