清原だけではない…学生野球資格回復の甲子園のスターたち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.10

興南出身・島袋洋奨

 5日、清原和博氏(PL学園出身)の学生野球資格回復したことで話題になった。ただ合格者を見ると、野球ファンにとってもなじみ深い方々が資格回復していることも見逃せない。

 甲子園のスター枠でいえば、島袋 洋奨興南出身)だろう。2010年の春夏の甲子園で優勝投手となり、中央大を経て、福岡ソフトバンクへ。19年に現役引退。昨年、母校の事務職員として勤務している。

 2008年センバツで横浜を破って話題となった北大津の主砲・石川 駿(元中日)も昨年現役引退後、すぐに資格回復となった。

 また2011年夏ベスト8、2012年センバツに出場した智辯学園の二刀流・青山 大紀(元オリックス)も資格回復している。

 ベテランから近年引退した若手選手まで資格回復となっており、今後は元プロ経験者の指導の幅は広がっていきそうだ。

関連記事
イチローで話題となった学生野球資格回復制度!元プロ野球選手が指揮を執るには?
中谷仁、中村良二、佐々木誠の3人の元プロ野球選手 監督として甲子園交流試合へ
学生野球資格回復 清原和博氏ら139名が公示

【関連記事】
清原だけではない!レジェンドばかりの学生野球資格回復者 【ニュース - 高校野球関連】
清原超えの中村奨成など現役プロの甲子園HR記録上位者一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第180回 智辯学園高等学校 尾田 恭平 投手 【2014年インタビュー】
第133回 中央大学 島袋 洋奨 選手(興南高出身) 【2013年インタビュー】
智辯学園vs天理【奈良県 2010年秋の大会 奈良県秋季大会】
智辯学園vs奈良朱雀【奈良県 2010年秋の大会 奈良県秋季大会】
智辯学園vs奈良大付【奈良県 2010年秋の大会 奈良県秋季大会】
智辯学園vs高取国際【奈良県 2010年秋の大会 奈良県秋季大会】
興南(沖縄)vs仙台育英(宮城)【2010年 第65回ゆめ半島千葉国体】
青山 大紀(智辯学園) 【選手名鑑】
石川 駿(北大津) 【選手名鑑】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【宮城】仙台育英が4年連続の夏優勝<1日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る