巨人・戸郷の母校・聖心ウルスラにブレイク候補の4名の逸材が!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.09

藤原 光陽

 新成人を迎えたプロ3年目の中でも高い注目を集める戸郷 翔征。その戸郷を輩出した聖心ウルスラは昨秋の県大会でベスト16まで勝ち進むも、上位進出とまではいかなかった。春以降、結果を残すべく練習に打ち込んでいるが、今回は今年のチームを支える気になる選手たちを紹介していきたい。

 主将を務める藤原 光陽は、軟式ながら中学3年生の時に遠投110メートルを計測したという強肩を武器に二塁送球1.95秒をマークする捕手。その実績も評価されて宮崎県選抜にも選出。全国中学生都道府県対抗野球大会に出場を果たし、チームの優勝に貢献している。

 聖心ウルスラに入学して一時はショートへコンバートされていたが、新チームが発足してからは本職だった捕手へ。「さらに視野が広がった」というショートを守った経験を活かしながら、扇の要を担っている。

 またバッティングでも自信を持っており、ここまでは高校通算7本をマークしている。藤原本人も長打力には自信を持っているが、ポイントにしているのは脱力。元々力みやすいところがあったが、構えた段階でリラックスするようにしたところ、長打が打てるようになったとのこと。打線の中軸を担う主将として、集大成の1年での活躍が期待される。



中上 大聖

 エース・中上 大聖も注目したい選手の1人。130キロ後半の真っすぐに合わせて、鋭く変化するスライダーも光る本格派投手として投手陣を支えている中上。力強く縦振りの投球フォームから繰り出す角度のあるボールは光るものがあり、今後の成長を期待したくなる投手だ。

 藤原と同じく中学時代に宮崎県選抜に選出された峯田 椋馬も実力者。秋の大会は怪我の影響で代打での出場にとどまっており、高校通算は1本塁打というところだが、ショートを守る永迫 蒼生駿からは「迫力もあり、打ってくれるという信頼もあります」とチームメイトからの信頼も厚い。

 インサイドアウトでバットを出していき、しなりを利用したバッティングで長打を飛ばす峯田。万全の状態で春を迎えれば、一気に注目を集める存在となりうる。

 守備ではサードからショートへコンバートされた永迫が中心。フットワークを使うことを意識しながらも、手首を柔らかく使ったハンドリングで軽快に打球をさばいていく。初球から振っていける、積極的なバッティングも光る堅守巧打の野手としてこれからの成長が期待される。

 秋はベスト16に終わったが、春の躍進へ彼らの成長を楽しみにしたい。



関連記事
戸郷翔征を輩出した聖心ウルスラ学園は攻めの姿勢で3度目の甲子園を目指す
巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う
【動画】巨人のシンデレラボーイ・戸郷翔征の覚醒のキッカケとは?

【関連記事】
巨人の高卒5年目までの有望株は?注目すべき7人の投手 【ニュース - 高校野球関連】
戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)の投球練習からうかがえる自覚の高さ 【ニュース - 高校野球関連】
第166回 戸郷翔征を輩出した聖心ウルスラ学園は攻めの姿勢で3度目の甲子園を目指す【野球部訪問】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
第179回 素晴らしいパフォーマンスを見せた宮崎県選抜 戸郷翔征・源隆馬・小幡竜平の3人に注目!【ドラフト特集コラム】
第175回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19 濱田太貴(明豊)「九州ナンバーワンスラッガー 不完全燃焼で夏を終える」【ドラフト特集コラム】
第687回 戸郷 翔征(聖心ウルスラ)「県外の強豪校を破る投手になりたい」 【2018年インタビュー】
延岡学園vs聖心ウルスラ学園【宮崎県 2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球宮崎大会】
戸郷 翔征(聖心ウルスラ) 【選手名鑑】
聖心ウルスラ 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
春に起こしやすい肩痛・肘痛を予防しよう
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る