3月13日より予選開幕となる東京都の年間予定一覧

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.06

昨秋の東京都を制した東海大菅生

 昨夏の独自大会では47年ぶりとなる東西決戦が開かれ、秋季大会では全国でも数少ない有観客で大会を開催するなど2020年の高校野球は印象深かった東京都。また先日の選抜発表で東海大菅生が選出され、東京代表として全国の猛者と戦いぶりにも注目が集まる。

 そんな東京の2021年の年間スケジュールが公表された。一次予選は3月13日から開幕し、1週間程度で4月1日からの本大会への出場校が確定する。本大会で決勝に勝ち上がった2校は5月下旬からの山梨での関東地区大会に出場するが、7月になると夏の大会が開幕する。

 2021年もオリンピックの影響で東西ともに決勝戦は東京ドームを使って行われることがすでに決まっている。2020年はできなかったが、本年度こそ開催がされるのか。

 その後の秋季大会は一次予選は9月初旬から始まり、本大会は1か月後の10月から。11月7日には決勝戦が行われる予定で進むが、緊急事態宣言が3月7日まで延長されたことに伴って、多くのチームが練習を制限せざるを得ない状況にいる。緊急事態宣言が予定通り3月7日に解除となれば、一次予選に参加するチームは1週間で大会に臨むこととなる。

 かなり厳しい日程となるが、果たして無事に開催できるのか。一刻も早く事態が好転してくれることを願うしかない。

 年間の詳しい予定は以下より。

・3月7日(日):春季東京都大会 一次予選・本大会抽選会

・3月13日(土):春季東京都大会 一次予選
 代表決定:3月21日(日)予定

・4月1日(木):春季東京都大会 本大会
 決勝戦:4月25日(日)予定

・5月15日(土):春季関東地区大会 開催地:山梨県
 決勝戦:5月23日(日)予定

・6月19日(土):第103回全国高等学校野球選手権大会 東・西東京大会 抽選会

・7月3日(土):第103回全国高等学校野球選手権大会 東・西東京大会
 決勝戦:未定

・8月28日(土):秋季東京都大会 一次予選抽選会

・9月4日(土):秋季東京都大会 一次予選
 代表決定:9月23日(木)予定

・9月27日(月):秋季東京都大会 本大会抽選会

・10月2日(土):秋季東京都大会 本大会
 決勝戦:11月7日(日)予定

■昨季の結果
東東京・夏 優勝:帝京 準優勝:関東一
西東京・夏 優勝:東海大菅生 準優勝:佼成学園
 優勝:東海大菅生 準優勝:日大三

関連記事
さらに強くなる東海大菅生、関東一 2021年東京の高校野球を占う!
東京を盛り上げる都立の逸材。通算10本塁打以上の大型捕手、私学を破った好投手などタレント揃い【前編】
名将絶賛の1年生右腕、都立屈指の遊撃手など躍進を期待したい10人の都立の逸材【後編】

【関連記事】
第120回 今年で47年目を迎える新宿シニア。チーム支える伝統の指導法と先進的な取り組み【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
【大盛況!】大会のポイントは?センバツ抽選会直後!みんなで語りつくそうYouTube生配信 【ニュース - 高校野球関連】
【選抜】大阪桐蔭vs智弁学園など組み合わせが決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名【大会展望・総括コラム】
第1029回 高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名【大会展望・総括コラム】
第1028回 東京・関東6枠目は東海大相模に!吉報をもたらした「3者連続セーフティバント」【大会展望・総括コラム】
第1028回 激論になりそうな関東・東京6枠目。成績面で圧倒している学校があるが…【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs関東一【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs日大二【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
関東一vs八王子【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1243回 「こういう選手が欲しかったです」前田監督も絶賛した遊撃手・武藤闘夢(帝京)が見据えるは11年ぶりの優勝 【2020年インタビュー】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
佼成学園 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
上野学園・赤坂、最速149キロの力投で修徳を下す!準々決勝2試合を徹底レポート!【東東京大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る