ソフトバンクは千賀 滉大蒲郡高/2010年育4位)や甲斐 拓也楊志館高/2010年育6位)など、ドラフト上位指名選手以外からも多くの活躍者が生まれている。そこで前身球団を含め、ドラフト下位指名選手だけでベストナインを組んでみた。

 ※ここでは下位指名を4位以下としている。また、外野は右翼・左翼・中堅でわけていない。

 投手は千賀ではなく、攝津 正(JR東日本東北/2008年5位)を選出した。攝津は1年目から中継ぎとして70試合に登板。39ホールドポイントを挙げ、最優秀中継ぎのタイトルと新人王を獲得した。3年目からは先発に転向すると、2012年には17勝5敗、防御率1.91の成績を残し沢村賞を受賞している。その他では下柳 剛(新日鉄君津/1990年4位)も、下位指名からエース格へと這い上がった。

 捕手は強打の吉永 幸一郎(東海大工高/1987年5位)。ダイエーと巨人の2球団で通算153本塁打を放った。1994年と1996年の2回に渡ってベストナインを受賞している。

 内野は、一塁に柏原 純一(八代東高/1970年8位)、二塁は藤本 博史(天理高/1981年4位)、三塁が藤原 満(近畿大/1968年4位)、そして遊撃に川崎 宗則(鹿児島工高/1999年4位)を選んだ。

 柏原は6年目に初めて規定打席に到達すると2年連続で15本塁打以上を記録。1978年に日本ハムへ移籍してからは、3度に渡ってオールスターゲームに出場した。藤本は1980年代後半から1990年代にかけて南海、ダイエーの主力として活躍。タイトル獲得はなかったものの、オリックス時代を含めて通算1103試合に出場した。

 藤原は2ケタ本塁打こそ1回だけだったが、通算1334安打の巧打者。守備にも定評があり、2度のダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を受賞している。川崎は4年目にレギュラーに定着すると2度のベストナインを受賞。2012年からはMLBへ移籍を果たしマリナーズなど3球団でプレーした。2017年に帰国しサイドソフトバンクのユニフォームを着るも1年で退団。その後は台湾やルートインBCリーグでプレーしている。

 現在、コーチを務めている本多 雄一(三菱重工名古屋/2005年大社5巡)や大道 典良(明野高/1987年4位)も下位指名からの入団だった。

 外野は片平 伸作(上宮高/1971年4位)、佐々木 誠(水島工高/1983年6位)、村松 有人(星稜高/1990年6位)の3人。片平は一本足打法で知られ、南海、西武、大洋の3球団でプレーし通算1181安打を放った。佐々木は1992年に首位打者と盗塁王を獲得した俊足巧打が売りの選手。1993年オフには秋山 幸二(西武)らとのトレードで西武に移籍している。

 村松は星稜高時代に松井 秀喜(巨人他)の2学年上の先輩だった。プロ入り後は、ダイエー(ソフトバンク含む)、オリックスの2球団でプレー。盗塁王と2度のゴールデングラブ賞を受賞している。2004年のアテネオリンピックでは日本代表にも選出されている。

<ドラフト下位指名だけによるベストナイン>
※前身球団含む
※ドラフト4位以下

投手:攝津 正(JR東日本東北/2008年5位)
捕手:吉永 幸一郎(東海大工高/1987年5位)
一塁:柏原 純一(八代東高/1970年8位)
二塁:藤本 博史(天理高/1981年4位)
三塁:藤原 満(近畿大/1968年4位)
遊撃:川崎 宗則(鹿児島工高/1999年4位)
外野:片平 伸作(上宮高/1971年4位)
外野:佐々木 誠(水島工高/1983年6位)
外野:村松 有人(星稜高/1990年6位)

(記事:勝田 聡)

関連記事
現役選手が3人も! ホークス歴代のドラフト1位でベストナインを組んでみた
中谷仁、中村良二、佐々木誠の3人の元プロ野球選手 監督として甲子園交流試合に出場
育成出身3選手が躍動!昨年のソフトバンクのレギュラーたちのドラフト指名順位は?