選抜甲子園の発表まで残り2日となった。高校野球ファンにとっては発表が待ち遠しい限りであるが、今回は選抜甲子園の出場校発表に先駆けて、出場の可能性があるチームの戦力を分析していきたい。

 第1回目となる今回は、秋季大会では5季連続で神奈川王者となり、関東大会ではベスト8進出を果たした東海大相模だ。まずは秋季関東大会準々決勝の東海大甲府戦のスタメンとベンチ入メンバーを見ていき、その戦力を分析していきたい。

【秋季関東大会準々決勝・東海大甲府戦】
1番 遊 大塚 瑠晏(小山ボーイズ)
2番 右 伊藤 航大(大田原ボーイズ)
3番 二 小島 大河(相模ボーイズ)
4番 三 柴田 疾(横浜東金沢シニア)
5番 一 門馬 功(相模原ベースボールクラブ)
6番 左 綛田 小瑛(和歌山シニア)
7番 中 佐藤 優真(羽村シニア)
8番 投 石田 隼都(真岡ボーイズ)
9番 捕 谷口 翔生(宮崎くしまボーイズ)

金城 龍輝(横浜緑ボーイズ)
大森 幹大(北杜ボーイズ)
武井 京太郎(浮羽ボーイズ)
小平直道(湘南平塚北シニア)
笹田 海風(浜田ボーイズ)
加藤勇哉(調布シニア)
深谷 謙志郎(横浜緑シニア)
松山拓馬(忠岡ボーイズ)
向川 夏輝(平塚シニア)
仙庭 涼一郎(湘南ボーイズ)

 絶対的エース・石田 隼都を軸とする東海大相模だが、他にも投手陣は大森 幹大金城 龍輝、また総合力の高い左腕・武井 京太郎、秋は怪我でベンチ入りはなかったが1年生の南琉人、庄田聡史といった投手もおり、その層は厚い。

 打線では大塚 瑠晏門馬 功らがキーマンとなり、4番の柴田 疾にも中心打者としての風格が出てきた。門馬はクリーンナップだけでなく、攻撃的な2番打者になることもあり、攻撃のバリーエーションも豊富だ。また秋はディフェンス面やリード面に秀でた谷口 翔生がマスクを被ったが、打撃力のある 笹田 海風も控えており、正捕手争いにも注目が集まる。

 選抜甲子園出場は微妙な位置にいるが、その戦いぶりから選出を推す声もある。29日の発表がとても楽しみだ。

(記事=栗崎祐太朗)

関連記事
【大阪桐蔭スタメン一覧】近畿大会決勝のスタメンとスター揃いの選手層を分析
【智辯和歌山スタメン一覧】徳丸天晴を中心に高い総合力 近畿大会のスタメンと選手層を分析
【日大三スタメン一覧】秋季東京都大会決勝のスタメンと選手層を分析