アマチュア球界屈指の名門チーム・ENEOS。昨年は久々の都市対抗出場を果たし、さすがの実力を発揮した。ENEOSといえば、高校、大学の逸材たちが集結するが、今年も楽しみな9人が入った。

【投手】
関根 智輝都立城東-慶應大)
糸川 亮太川之江-立正大)
加藤 三範花巻東-筑波大)
若杉 晟汰明豊

 関根は高校時代、都立の星として騒がれた好投手。慶應大では1年春に開幕戦に登板。肘の手術を乗り越え、4年春に復帰。コントロールも良く、ストレート、ツーシームのコンビネーションが良い右腕。糸川は2年秋に明治神宮大会優勝を経験。突出した球速はないが、ゲームメイクが期待できる完成度の高い実戦派右腕。加藤は指名漏れしたものの、キレのある速球を投げ込む本格派左腕。若杉は高校生らしからぬ老獪な投球ができる実戦派左腕だ。

【捕手】
植田 響介高松商-慶應大)
小口 丞太郎関西中央-日体大)

 植田はリーグ通算11試合出場、通算2安打に終わったが、ディフェンス力の高さを評価されていた大型捕手。ENEOSに進むということは、大久保監督は実績関わらず、植田の能力を買っていたということだろう。小口は関西中央時代から注目されていた強肩捕手だ。

【内野手】
瀬戸西 純(慶應義塾高-慶應大)
度会 隆輝横浜

 瀬戸西は大学4年間で攻守ともに成長を果たした職人肌の遊撃手。自分の課題を明確にして、取り組める大人の選手で、さらに社会人で才能を開花させる予感がある。

 度会は期待の内野手だ。U-15代表を経験し、横浜高時代は走攻守で躍動し、特にコンタクト力は去年の高校生内野手でもトップレベルだった。高卒社会人のプロ入りはかなり確率が低いと言われる中、それがクリア出来る実力を身に付けば、楽しみだ。

【外野手】
瀧澤 虎太朗山梨学院-早稲田大)

 瀧澤は高校1年春からレギュラーを獲得するなどエリート街道を歩んできた外野手。早稲田大時代はホームスチールを決めるなど、咄嗟の判断でビッグプレーを見せる感性の良さもある。本塁打を打てるパワーもあり、楽しみな強打の外野手だ。

 殆どの選手がENEOSでも核になり、NPBを狙える選手を持ったチームだ。ただ、ENEOSにいる選手たちの実力もハイレベル。激しい競争から都市対抗優勝を狙えるチームになることを期待したい。

関連記事
二世選手の度会、関本、全国レベルの強肩捕手、150キロ右腕など2020年ドラフト指名漏れ一覧
大学生トップクラスの守備職人・瀬戸西純(慶応大)の高い守備をもたらしたのは「壁当て」
【写真】高校時代の関根 智輝 (都立城東)の投球フォーム