1月29日に今春の選抜に出場する32校が発表されることとなっており、多くの注目が集まっているが、ほとんどの学校は今春の地方大会に向けてトレーニングに励んでいる。そのなかには全国区の強豪校も含まれている。

 今回は、昨秋は惜しくも早期敗退となったが、今春の巻き返しに期待がかかる各地方の強豪校を改めて確認したい。まずは関東地区を振り返りたい。

・茨城
土浦日大明秀学園日立

・栃木
文星芸大附佐野日大白鷗大足利

・群馬
前橋育英樹徳

・埼玉
花咲徳栄浦和学院浦和実狭山ヶ丘

・千葉
中央学院、東海大市原望洋、習志野

・東京
國學院久我山帝京創価佼成学園都立城東

・神奈川
横浜隼人慶應義塾日大藤沢桐光学園

・山梨
山梨学院駿台甲府

 鹿島学園が優勝した茨城をみると、2018年の選抜を経験した明秀学園日立がライバル・藤代の前に2回戦で敗退。そして同年の夏の甲子園に出場した土浦日大が1回戦敗退しているのが目立つ。ただ、明秀学園日立には金沢 成奉監督、土浦日大には小菅 勲監督と実績のある指揮官がチームを率いており、春以降に躍進する可能性は十分にあるだろう。

 栃木では佐野日大白鷗大足利がともに準々決勝。2018年秋に県大会準優勝の文星芸大附は3回戦と県内のライバルたちにあと一歩届かなかった。群馬の前橋育英樹徳も同様にベスト8まで勝ち進みながらも、優勝には手が届かなかった。しかし前橋育英には菊地 樂、樹徳には佐藤 圭隼津田 竜聖など力のある選手がいる。悔しさを胸に春以降に雪辱を晴らすか注目だ。

 関東地区で最も大きな波乱だったともいえる埼玉県。夏の王者・狭山ヶ丘が西部地区予選で敗れる波乱から幕を開けると、浦和学院浦和実がともに3回戦敗退。さらに花咲徳栄が準々決勝で姿を消すという大会になった。

だがしかし、狭山ヶ丘は平澤 智太郎監督のもとで厳しい練習をこなし、浦和学院はエース・三奈木亜星らタレントが揃い、花咲徳栄冨田 隼吾など強力打線が磨きをかけている。春、そして夏に向けて目が離せないチームであることは間違いない。

 千葉も同様で、習志野が地区予選で敗退してしまうと、中央学院と東海大市原望洋も県大会の早い段階で姿を消してしまった。毎年、千葉を代表する強豪校だけに意地とプライドにかけて春以降は上位進出を狙うはず。「戦国千葉」は2021年も健在となることが考えられる。

 神奈川を見ると、ベスト8で桐光学園、3回戦で日大藤沢慶應義塾が敗退。横浜隼人は1回戦で敗れるという結果になっている。また山梨でも山梨学院駿台甲府が準々決勝敗退と、あと一歩が届かなかった。

 そして東京は都立の名門・都立城東都立日野との好カードで敗れ、春は再び予選からスタート。また都大会では2019年の西東京代表・國學院久我山が1回戦で、17対18で城北に敗戦。昨夏の東東京王者・帝京は同地区の実力校・都立小山台に0対10のコールドで敗戦という波乱もあった。

 他にも創価佼成学園といった西東京の強豪が3回戦で敗れたが、関東地区ではいくつか波乱が起きた秋だった。この中からどれだけのチームが春に再び存在感を示すのか。選抜だけではなく、地方大会からも目が離せない。

(文:編集部)