巨人は19人の新人が入団した。その中で身長という面で目立つのは、この二人だ。

ドラフト5位   秋広 優人二松学舎大附
ドラフト育成8位 阿部 剣友札幌大谷

 ともに200センチと入団選手では最長身だ。秋広は1年秋から一塁手のレギュラーを獲得し、2年秋から投手も務めた。投手としては最速144キロ、打者としても本格化し、通算20本塁打以上。なんといっても秋広が素晴らしいのは、初球から果敢に振っていくスタイルがあること。昨夏の殆どの打席で初球から振っていて左中間にも鋭い打球を飛ばしていた。大谷 翔平を思い出すようなメカニズムで、木製バットに対応していけば、力みのない打撃フォームで量産が期待できる打者という印象があるが、打者としてのマインドも素晴らしいし、投手としても140キロ台の速球を投げられる強肩もあり、走っている姿もストライドが大きくバタバタ感がない。三軍制度があるからこそ、攻守の基礎をじっくりと鍛えていきたい選手。

 阿部は高校1年秋に明治神宮大会に出場。いわゆる個性的なフォームで、一連の動きが岡島秀樹を思い出させる投手だ。

 最終学年には140キロをコンスタントに計測するまでになり、ここぞという場面で決まる高めのストレートは絶品だ。スライダー、カーブ、フォークのキレは悪くない。まだ二軍のマウンドに上がるまで時間はかかるが、長身で変則的な投手に育つ可能性もある。

 このリアル巨人コンビが化けることとなれば、巨人は新たなスターが誕生したこととなるだろう。ぜひ期待していきたい。

(文:河嶋 宗一