2020年の東都大学野球連盟からは育成含め11名が指名を受けた。投手では読売に1位指名を受けた平内 龍太を筆頭に4名が指名を受けた。今回は2020年秋季リーグ戦の防御率上位者たちの中学時代の所属チームを見ていく。

亜細亜大 青山 美夏人横浜隼人出身)  1.11 横須賀リトルシニア
亜細亜大 平内 龍太 (神戸国際大附出身)1.27 明石市立魚住東中軟式野球部
東洋大  松澤 海渡 (帝京出身)    1.75 北本市立東中軟式野球部
國學院大 上出 拓真 (札幌第一出身)  2.23 札幌市立清田中軟式野球部
駒澤大  竹本 祐瑛 (八戸西出身)   2.28 八戸市立白銀中軟式野球部
國學院大 諸見里 俊 (沖縄尚学出身)  2.36 八重瀬町立具志頭中軟式野球部
立正大  糸川 亮太 (川之江出身)   2.72 川之江ボーイズ
亜細亜大 内間 拓馬 (宜野座出身)   3.55 本部町立本部中軟式野球部
中央大  植田 健人 (興國出身)    3.60 生駒中央ボーイズ
立正大  渡部 勝太 (上尾出身)    3.72 深谷彩北リトルシニア

 今年の東都大学野球連盟の防御率10傑のうち、中学時代は6名が軟式、4名が硬式出身(リトルシニア出身2名、ボーイズ出身2名)だった。

 平内 龍太は兵庫県明石市の魚住東中出身で3年時の市大会では2試合連続でノーヒットノーランを記録した。東洋大の松澤 海渡は埼玉県の北本市立東中出身で全国中学校軟式野球大会ではベスト16入りを果たし、U-15日本代表に選出されて経験を持つ。

 近年、中学軟式出身投手のプロでの活躍が注目を集めているが、上のステージではどんな活躍を見せてくれるか期待したい。

(文:編集部)