村上宗隆(九州学院出身)が圧巻の成績!高卒スラッガーたちの3年目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.16

高校時代の岡本和真(智辯学園出身)、村上宗隆(九州学院出身)

 2020年シーズン、高卒2年目ながら藤原 恭大(ロッテ)、野村 佑希(日本ハム)、太田 椋(オリックス)、そして濱田 太貴(ヤクルト)と4人の選手が3本塁打を記録した。出番を勝ち取ることさえむずかしい高卒2年目の時点で長打力の片鱗を見せている。

 どのような打者に育っていくかはチームの方針や本人のタイプにもよるが、ゆくゆくは強打者の証のひとつでもある30本塁打を狙うことも十分可能だろう。

 さて、2020年シーズン終了時点において、30本塁打を達成したことのある高卒出身の選手は10人いる。

 その10人とは村上 宗隆九州学院高/ヤクルト)、岡本 和真智辯学園高/巨人)、鈴木 誠也(二松学舎大付属高/広島)、山田 哲人履正社高/ヤクルト)、浅村 栄斗大阪桐蔭高/楽天)、中田 翔大阪桐蔭高/日本ハム)、丸 佳浩千葉経大附高/巨人)、坂本 勇人光星学院高/巨人)、T-岡田(履正社高/オリックス)、中村 剛也(大阪桐蔭高/西武)である。

 彼らが高卒3年目にどのような成績を残してきたのか振り返ってみたい。

 10人のなかで規定打席に到達したのは村上と坂本、そして浅村の3人だった。村上と坂本は2年目の時点でレギュラーに抜擢され、3年目に打率3割を記録している。プロ入り早々にして主力への道を駆け上っていた。

 規定打席には到達しなかったものの、多くの出番を与えられたのが山田、鈴木、中田の3人だ。と山田は5月下旬からほぼレギュラーとして起用され396打席に立っている。中田も7月20日のプロ初本塁打から11試合で8本塁打を放ち、強烈なインパクトを残した。

 岡本、丸、中村の3人は30試合以下の出場にとどまった。岡本と丸に至っては打率1割台で本塁打も0本。高卒3年目の時点では、戦力になることはできていなかったのである。

 この10人の中で唯一、一軍出場がなかったのがT-岡田だ。T-岡田は1年目に3試合の出場があったものの2年目、3年目は一軍での出番はなかった。それから2年後とに本塁打王を獲得する強打者になるとは想像できなかっただろう。

 このように将来的に30本塁打を記録することになる強打者たちも、高卒3年目の時点で全員が活躍していたわけではないことがわかる。はたして藤原、野村、濱田、太田といった期待の若手たちはどのような成績を残してくれるのだろうか。

<高卒出身で30本塁打を経験している選手の3年目成績>

村上 宗隆九州学院高/ヤクルト)
[2020年]120試合 打率.307(424打数130安打) 28本塁打 86打点

岡本 和真智辯学園高/巨人)
[2017年]15試合 打率.194(31打数6安打) 0本塁打 2打点

鈴木 誠也(二松学舎大付属高/広島)
[2015年]97試合 打率.275(211打数58安打) 5本塁打 25打点

山田 哲人履正社高/ヤクルト)
[2013年]94試合 打率.283(350打数99安打) 3本塁打 26打点

浅村 栄斗大阪桐蔭高/楽天)
[2011年]137試合 打率.268(437打数117安打) 9本塁打 45打点

中田 翔大阪桐蔭高/日本ハム)
[2010年]65試合 打率.233(210打数49安打) 9本塁打 22打点

丸 佳浩千葉経大附高/巨人)
[2010年]14試合 打率.158(19打数3安打) 0本塁打 1打点

坂本 勇人光星学院高/巨人)
[2009年]141試合 打率.306(581打数178安打) 8本塁打 43打点

岡田 貴弘履正社高/オリックス)
[2008年]一軍出場なし

中村 剛也(大阪桐蔭高/西武)
[2004年]28試合 打率.273(33打数9安打) 2本塁打 5打点

(文:勝田 聡)

【関連記事】
【動画】選抜で大阪桐蔭と再戦!近畿王者・智辯学園の打撃練習が圧倒的 【ニュース - 高校野球関連】
松浦&関戸など選抜にNPBジュニアは何名出場? 【ニュース - 高校野球関連】
第4回 本当に史上最強なのか?優勝候補・大阪桐蔭の戦力を徹底分析!【センバツ2021】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第173回 春夏連覇の中川、慶大主将の福井など...近年の常勝軍団・大阪桐蔭の伝統を引き継ぐ歴代の主将たち【高校野球コラム】
第171回 岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち【高校野球コラム】
第1298回 常勝・大阪桐蔭の礎を築いたザ・キャプテン・福井章吾は慶應大でも抜群のキャプテンシーを発揮 vol.3 【2021年インタビュー】
第1298回 「キャプテンをやってきてよかった」 苦悩の福井章吾(大阪桐蔭出身)を奮い立たせた西谷監督の存在 vol.2 【2020年インタビュー】
第1298回 現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1298回 山田健太(大阪桐蔭-立教大)の気持ちを掻き立てる根尾、藤原らの存在 【2020年インタビュー】
第1272回 高校1年で味わった洗礼を糧に。U-15代表を経験した144キロ右腕・小畠一心(智弁学園)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
浅村 栄斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
丸 佳浩(千葉経大附) 【選手名鑑】
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
九州学院 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
千葉経大附 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
履正社の4番・松林や東海大相模エース・石田など!2018年NOMO JAPAN選手の現在地
次の記事:
巨人に現れた2メートル超えの「リアル巨人」こと秋広優人と阿部剣友は大成できるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る