慶應大は9人が硬式野球継続!通算5本塁打打者はサントリー、高校時代から注目された大型左腕はソニーへ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.14

左から関根智輝、木澤尚文、瀬戸西純、佐藤宏樹

 昨年、東京六大学リーグで二季連続2位の慶應義塾大が卒部生の進路を公開した。

【投手】
木澤 尚文慶應義塾出身)東京ヤクルト
佐藤 宏樹大館鳳鳴出身)福岡ソフトバンク
関根 智輝都立城東出身)ENEOS
関谷 航平川越東出身)
長谷部 銀次(中京大中京出身)トヨタ自動車
【捕手】
植田 響介高松商出身)ENEOS
【内野手】
瀬戸西 純慶應義塾出身)ENEOS
【外野手】
藤元 雄太(慶應義塾出身)九州三菱自動車
保科 圭伸(慶應義塾出身)エイジック
 9名が硬式野球継続となった。昨年はプロ志望6人だったが、プロ志望3人以外の選手も続々継続。大学4年次第のパフォーマンスでプロ志望届を考えていた先発型右腕・関根はENEOS、速球派左腕・長谷部はトヨタ自動車とともに名門。打撃急上昇のショート・瀬戸西は惜しくも指名漏れとなったが、ENEOSではかなり活躍が期待できそうだ。

 選抜準優勝経験のある強肩捕手・植田もENEOSに進む。東京六大学通算42安打、通算5本塁打を放った嶋田 翔樹徳出身)は大学で現役引退。高校時代から群馬県屈指の強打の捕手として騒がれた男は卒業後、サントリーへ進む。

 高校時代から注目された大型左腕・日置隼斗(山村学園出身)はソニーへ進むこととなっている。野球をやめる選手たちも旭化成、三井住友銀行、SMBC日興証券、三菱UFJ銀行など大企業への就職が決まっている。

 野球を続ける選手、一般社会人の道を歩む選手たちの活躍を期待したい。

【関連記事】
社会人野球の今季スローガン決定「JABAとしても新しい時代を築くため」 【ニュース - 高校野球関連】
練習制限の時勢だからこそ!守備職人の慶應大前主将が実践する壁当ての「考え方」 【ニュース - 高校野球関連】
第1083回 思考力、打撃力、守備力ともに高次元な郡司裕也(慶應大・中日ドラ4位)は中日の正捕手を狙えるか? 【2019年インタビュー】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
第798回 3度目、そして「最後の」ドラフト会議を前に 谷田 成吾(徳島インディゴソックス・外野手) 【2018年インタビュー】
第748回 「野球の経験はプレーすることが終わってから活きてくる」田中大貴アナウンサーが語る高校球児へのメッセージ! 【2018年インタビュー】
第4回 中四国地区「大学野球事始」【四国発】
環太平洋大vs慶應義塾大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
第11回 【侍ジャパンU-18代表コラム】敗戦も大きな収穫を得た侍ジャパンU-18代表【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第7回 最新トレーニング&マシンを紹介! 野球につながる鍛え方 (取材協力:ゴールドジム)【社会人野球から学ぼう】
第6回 日本選手権初V!新日鐵住金かずさマジックのトレーニング  『一歩ずつのマジック』【社会人野球から学ぼう】
試合で役立つメンタルマネジメント

コメントを投稿する

前の記事:
東京代表が国内最終戦で日本大学に挑む!強化試合の模様をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る