21世紀枠は2013年以来の4枠に!当時出場していた高校は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.13

 日本高野連は13日、第93回選抜大会についての運営委員会を開き、神宮大会枠に代わり21世紀枠を3から4に増やすことで対応するを明らかにした。神宮大会枠は、毎年秋に全国10地区大会の優勝校が出場し行われる明治神宮大会の優勝校が所属する地区に与えられる出場枠で、昨秋はコロナウイルス感染拡大の影響で中止となっていた。

 21世紀枠が4枠になるのは第85回記念大会の2013年以来で遠軽(北海道)、いわき海星(福島)、益田翔陽(島根)、土佐(高知)の4校が出場した。

 そして今大会の21世紀推薦校は以下の通り。

北海道:知内(北海道)※全道大会出場
東北:八戸西(青森)※東北大会出場
関東:石橋(栃木)※関東大会出場
東海:三島南(静岡)
北信越:富山北部・水橋(富山)※北信越大会出場
近畿:東播磨(兵庫)※近畿大会出場
中国:矢上(島根)※中国大会出場
四国:川之石(愛媛)
九州:具志川商(沖縄)※九州大会出場

 3月19日(金)に開幕予定の今大会は今後、1月29日(金)に出場校が決まり、3月12日(金)に組み合わせ抽選会が行われる予定となっている。

【関連記事】
【選手名鑑】190センチ右腕や甲子園経験捕手など!静岡にいる逸材11名をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第168回 近畿地区の2021年は秋県準Vの東播磨に注目!【高校野球コラム】
第164回 2021年は4校の躍進に期待!沖縄の高校野球を沸かせる注目校を紹介!【高校野球コラム】
第166回 2年連続東海大会進出の加藤学園など東海地区の2021年に注目すべきチームは?【高校野球コラム】
第153回 具志川商の九州8強など記録と記憶に残った2020年の沖縄3大ニュース【高校野球コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs具志川商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
第1262回 まさに玄人受けするプレーヤー!夏5割の俊足外野手・宮本一輝(東播磨)は近本光司タイプ 【2020年インタビュー】
市立和歌山vs東播磨【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
八戸西vs福島商【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
北海vs知内【北海道 2020年秋の大会 第73回秋季北海道高等学校野球大会】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
石橋 【高校別データ】
川之石 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
知内 【高校別データ】
富山北部 【高校別データ】
八戸西 【高校別データ】
東播磨 【高校別データ】
三島南 【高校別データ】
水橋 【高校別データ】
矢上 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
東京代表が国内最終戦で日本大学に挑む!強化試合の模様をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る