センバツ 神宮枠の扱いは21世紀枠1増で決まる

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.13

 3月19日に開幕する第93回選抜高等学校野球大会の第2回運営委員会(八田英二委員長)が13日に開かれ、明治神宮大会枠(2020年は中止)の扱いについて審議し、21世紀枠の1校増に充てて4校とすることを決めた。

 主催の日本高等学校野球連盟(日本高野連)と毎日新聞社は、昨年9月の第1回選抜運営委員会後からワーキンググループを作り、明治神宮大会中止後は同枠の扱いについて協議してきた。いくつかの案が出る中で、21世紀枠候補の9校が「さまざまな点で困難な環境の克服が認められる」「野球部員の活動が、他の生徒、他校、もしくは地域に良い影響を与えた」「学業と野球部活動を両立させている」といった基準のもとで各地区から選出されていることや、この1年間すべての高校球児が新型コロナウイルスによる感染症と向き合ってきたことを踏まえ、それぞれの創意工夫を続け、高校生活や部活動に真摯に取り組んでいる学校に光を当てることが全国の球児や高校野球ファンを勇気づけることにつながると考えられ、21世紀枠1増の案に決まった。

 21世紀枠は東日本と西日本から1校ずつ選出し、残る7校から地域を問わずに2校が選出される。

【関連記事】
年男を迎えた森下暢仁(大分商出身)ら32名のセ・リーグ選手たち 【ニュース - 高校野球関連】
今年は丑年!前回2009年のセンバツは今村擁する清峰が初優勝! 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第3回 尽誠学園(香川・18年ぶり7回目の出場)2016年夏以来の聖地で 「18年ぶり聖地1勝」のその先へ【センバツ2020】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第135回 県立岐阜商業高等学校 藤田 凌司選手 【2013年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る