センバツ行進曲は今年もパプリカ 開会式は規模を縮小して実施へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.01.13

 3月19日に開幕する第93回選抜高等学校野球大会の第2回運営委員会(八田英二委員長)が13日に開かれ、開会式の入場行進曲は『パプリカ』に決まった。

 『パプリカ』は「NHK 2020応援ソングプロジェクト」の楽曲として発表され、小中学生の音楽ユニット「Foorin」が歌う。作詞と作曲はシンガーソングライターの米津玄師さん。2019年の第61回日本レコード大賞では大賞に選ばれ、昨年(2020年)も大晦日のNHK紅白歌合戦にも出場していた。

 同曲は第92回大会で入場行進曲として発表されていたが、大会が中止になった。

 主催者サイドは、「前回大会と同じ曲を採用することで、全ての高校野球ファンに復活というメッセージを伝えたいと思います」と話す。

 編曲は92回大会バージョンと異なり、新たに93回大会バージョンを作る。これは、「復活と同時に、大会が新たなスタートを切る」という意味がこめられていると主催者サイドは明かす。

 なお開会式は従来の全校参加方式をとらないことが決まった。詳細は今後詰められて3月上旬の運営委員会後に発表されるが、昨夏の甲子園交流試合での開幕戦2校参加案や、初日に登場する6校が参加する案などがあるという。

【関連記事】
年男を迎えた森下暢仁(大分商出身)ら32名のセ・リーグ選手たち 【ニュース - 高校野球関連】
今年は丑年!前回2009年のセンバツは今村擁する清峰が初優勝! 【ニュース - 高校野球関連】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第3回 尽誠学園(香川・18年ぶり7回目の出場)2016年夏以来の聖地で 「18年ぶり聖地1勝」のその先へ【センバツ2020】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第135回 県立岐阜商業高等学校 藤田 凌司選手 【2013年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る