93年世代屈指のリリーバー・松田遼馬(波佐見出身)が27歳で現役引退

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.30


高校時代の松田遼馬(波佐見)

 93年世代屈指のリリーバー・松田 遼馬波佐見出身)が現役引退を決めた。

 波佐見高時代は2011年のセンバツに出場し、横浜相手に完投勝利を挙げた。

 プロ入り後、主に中継ぎで活躍し、2019年には51試合に登板し、2勝4敗、5ホールド、防御率3.81の好成績で日本一に貢献した。今季は一軍で未登板だったが、二軍で36試合に登板し、防御率2.25、40回を投げて41奪三振。トライアウトでもイキの良いストレートを投げ込んでいた。93年世代は今年で27歳。引退するのも惜しいぐらいの好投手だった。

 それでも一軍デビューから今年までの8年間で164試合登板、そして通算183.1回を上回る185奪三振。立派にやり遂げたといってもいい。第2の人生の活躍を期待したい。

【関連記事】
左打者必見!中村晃(ソフトバンク)がキャンプで実践すること 【ニュース - インタビュー】
近藤一樹(日大三出身)が香川オリーブガイナーズへ!甲子園優勝投手の加入はリーグでは2人目 【ニュース - 高校野球関連】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
彦根東vs波佐見【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第293回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【後編】「量をやりながら、質も求める」 【2015年インタビュー】
第292回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【前編】「『首位打者・最高出塁率』を目指す『深み』の深層」 【2015年インタビュー】
沖縄尚学vs波佐見【2013年秋の大会 第133回(平成25年度秋季)九州地区高校野球大会】
長崎日大vs波佐見【長崎県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球長崎大会】
西陵vs波佐見【長崎県 2011年夏の大会 第93回長崎大会】
波佐見vs佐世保実【長崎県 2011年第59回NHK杯 長崎県高等学校野球大会】
松田 遼馬(波佐見) 【選手名鑑】
波佐見 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
選抜出場の石岡一に欠かせない存在の女子部員!浜田芽里さんが追いかける目標とは?!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る